銀行カードローンと通常のローンとの違い

規制緩和によって最近申込者が増えてきている銀行カードローンですが、一般的なローンとは何が違うのか。どちらも「お金を借り受ける」と言う意味では同じように見えますが、そこにはいくつかの違いもあります。

まず、一般的なローンは目的別に分かれていることが多く「住宅ローン」や「マイカーローン」のように用途が決められている場合がほとんどです。消費者金融のローンや銀行の金融商品である用途無制限の「フリーローン」と言ったものもありますが、こちらは金利が高く、どちらかと言えば敬遠されがちなところもあります。

対して銀行カードローンの場合、使用者の所得によって上限金額が変わってくるのはその他のローンと同様ですが、まとめてお金を借り受けると言うものではなく、上限金額内であれば少額ずつ借り受けることができる、キャッシュカード、もしくは専用のカードを使うことにより、銀行ATM、コンビニエンスストア備え付けのATMからいつでもお金を引き出すことが可能になります。

月々の返済金額も少額に収まると言うのも銀行カードローンの特徴のひとつと言えるでしょう。

特に今すぐ大金が必要であると言うわけではないものの、友人や知人の冠婚葬祭関連で急にお金が必要になった、年末年始に飲み会などの場が増え、お金が足りなくなってきたと言う場合においても利用することができ、返済も容易なものとなっているため、非常に使い勝手のいい金融商品であるとも言えます。

【銀行カードローンの特徴】

銀行ATMからすぐにお金の借り入れができる銀行カードローンですが、一般的なローンとは違いがいくつかあります。

まず、最も分かりやすい特徴のひとつとして、お金を借り入れるための時間が圧倒的に短いことが挙げられるでしょう。通常ではローンを組む際は必要な書類を全て提出し、その後審査によって通過すれば、指定額をまとめて借り受けると言う形になりますが、審査から正式な借り受けまでに1週間から1ヶ月程度かかります。

それに対し、<u>銀行カードローンは初回の審査はほぼ同様ではあるものの、審査を通過した後は、必要に合わせて必要額のみを銀行ATMから引き出すことができ、さらに即日で借り受けることが可能</u>になります。

また、一度に上限金額まで借り受けると言う形ではなく、金利などの手数料も、借り受けた分のみの支払いとなります。

さらに、銀行カードローンは口座維持手数料や年会費のようなものはかからないところがほとんどとなっており、使用しない限りは余計なお金を取られると言った事はありません。

あくまで使用分のみの手数料の支払いとなるため、ローンのリスクも最小限に抑えられます。さらに、銀行カードローンの最大の特徴として、近年法律として定められた「総量規制(融資額の上限額が年収の3分の1まで)」の対象外となっており、制約が少なくなっているのも特徴です。
そのため、アルバイトやパートの主婦の方でも比較的容易に審査が通りやすくなっています。

学生の方でも一定の条件を満たせば借りれるというのも特徴ですね。※参照:学生でも借りれる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です